ABIL(アビル)ヒーターの特徴(農業用)

  • エネルギーコストを大幅削減(ランニングコストを大きく削減)
  • 導入費用が安価
  • 全体均一な温度コントロールが容易⇒生育促進
  • 作業性が良い(苗付け後に設置できる)
  • 大きな設備を必要としない
  • スポットヒーターの根元への差し込み間隔をニーズに応じフレキシプルに調整可能
  • ヒーター線ユニットが機械的·電気的にも高耐久

スポットヒーター(直接土を加温できる)

ABIL(アビル)ヒーター(新発熱体)を利用した『スポットヒーター』は、非常に幅広い温度域で安定して使用できる農業用ヒーターです。
土中に挿入して使用します。

新しく開発されたABILヒーターは非常に効率よく発熱するのが特徴でスポットヒーター1本の消費電力は約2~4Wです。(48V時)

60坪(約200平方メートル)のハウス200株の場合スポットヒーター200本として合計1400W (800W+ 600W(空中加熱用)) で良いことになります。

又、スポットヒーターの温度は入力電力に対して安定し、高い信頼性を確保しています。
温度調節はコントローラーの設置で可能です。

「シリコンラインヒーター(帯状)」の特長

ABIL(アビル)ヒーターはニクロム線ヒーターと異なり電力を赤外線に変換して発熱しています。

電源をいれると同時に目的温度に達します。通電中は高温ですが電源を切れば直後に触っても熱くありません。
(被覆していないものの特長です、シリコン被膜は若干の熱を保存しています)

「シリコンラインヒーター(帯状)」の特長

新発熱体を利用した「シリコンラインヒーター」は15m以上の距離でも1つの電源で均一する発熱体です。
シリコン被膜で絶縁されており耐水性にも優れています。

長さ 発熱温度 消費電力
10m 約40℃ 48Vにて約50W
(4.5W/m)
アビルヒーター