アビルヒーター線の使用だけの生育事例(ボイラー使用なし)

名城大学:森田准教授(右)
弊社副社長:田原(左)
名城大学:森田准教授(右)
弊社副社長:田原(左)

通常であれば厳寒期に必ず枯れてしまう温度であるが、アビルヒーターによる地中加温により植物体は維持され、収穫物も得ることが出来た。

地中加温は植物体の根域を温めているのみならず、植物が地下からの吸水により、全身を温める効果もあることが判明した。

ヒーター線、アルミスポットを根圏位置に差し込んだ

アビルヒーター温度試験栽培(加温区/無加温区)

ピーマン1株当たり累積収量(g)

収量は終始、加温区で上回る値を示した。

サーモグラフィー画像:ピーマン

サーモグラフィー画像:ピーマン